Tarochan

風の吹くままに~ 下手な写真と感じた事を北海道から呟いてます。


"雪山" posts

12
Category: 雪山   Tags: PENTAX.WG-3  iphone  

羅漢岩 A沢 ~ オロフレ山 ~ A沢下降   2018.05.12

rakan20180512 (1)

先週からグッと雪が少なくなったような気が...
とりあえず今日はA沢行ってみよう。


rakan20180512 (2)

鹿の鳴き声が響いてる。


rakan20180512-7520.jpg

思ったより雪面硬く、キックが心地良く入る。


rakan20180512-7527.jpg

アイスバーン部分もあったり、雪面の変化に注意しながら


rakan20180512-7532.jpg

気持ち良い


rakan20180512-7536.jpg

雪渓をスッキリ抜けれると最高だったが、ブッシュ部分が長くて残念


rakan20180512-7545.jpg

雪渓が現れると嬉しい


rakan20180512-7548-2.jpg

3月に兄貴とやった耳岩リッジ


rakan20180512-7551.jpg

夏道をボーっと歩いてると小岩峰手前まで来てしまった。
下山予定していた登別ルート出合いを確認し忘れたので戻る


rakan20180512-7549.jpg

雪もすっかり融けブッシュが煩そうなので、登別ルート諦めA沢下降にする


rakan20180512-7553.jpg

rakan20180512-7557.jpg

山頂手前にショウジョウバカマの蕾みつけた


rakan20180512-7558.jpg

久しぶりのオロフレ山山頂


rakan20180512-7573.jpg

A沢から下降する。
途中、3月の雪崩を思い出し気持ち悪い


rakan20180512 (4)

今日は無事に下山完了
羅漢岩での雪渓歩きは今シーズン最後かな。


rakan20180512-7581.jpg

懐かしい。
兄貴のスコップが顔を出してました。





スポンサーサイト

テーマ 登山    ジャンル スポーツ


06
Category: 雪山   Tags: iphone  

羅漢岩 B沢 ~ 1062P ~ 登別ルート  2018.05.06

rakan20180506 (2)_R

今週も最近のメンバーでの予定でしたが、天気予報が悪い為に計画中止し一人で羅漢岩へ。
B沢の雪渓が切れてる様だが、どんな感じかな。


rakan20180506 (3)_R

ドッカリ乗ってた雪庇もスッカリ落ちてる。


rakan20180506 (4)_R

雪崩事故以来の羅漢岩
今日は、この雪渓ど真ん中を歩こう。
5:45羅漢岩歩き始める


rakan20180506 (5)_R

4月末、某山岳会の訓練時のものと思われるトレースが残ってた。


rakan20180506 (6)_R

抜け口は雪が切れ、笹が立ってる。


rakan20180506 (7)_R

最後は笹を掴みながら3mほど進み、稜線に抜ける


rakan20180506 (8)_R

rakan20180506 (10)_R

rakan20180506 (11)_R

所々顔を出してる夏道と雪渓を使いながら登別ルート出合いへ


rakan20180506 (13)_R

rakan20180506 (14)_R

1062Pに着くとポツリ、ポツリと雨が落ちてきたので今日はここまでとする。


rakan20180506 (15)_R

下降は登別ルートを使う。


rakan20180506 (16)_R

沢筋にはしっかり雪が残ってた。


rakan20180506 (1)_R

7:55 登別ルート下降終了
あ~、短時間ながらも久しぶりに山登った感じでスッキリしたなw



オロフレ山 羅漢岩 B沢 ~ 1062P ~ 登別ルート




テーマ 登山    ジャンル スポーツ


06
Category: 雪山   Tags: ---

伊達紋別岳  2018.04.21

monbetsu20180421 (3)

伊達紋別岳に4人で行ってきました。
今回は久々に次女も参加です。


monbetsu20180421 (2)

思ってた以上に雪が残っており、私以外全員スニーカーの為
雪渓部分は私がステップを刻み、その上を歩いてもらいました。


monbetsu20180421 (4)

”山なんて歩かないわ”と言ってた次女も、”景色綺麗だなぁ”なんて良いながら歩いてますw


monbetsu20180421 (5)

山頂目前、下りが氷結しており装備が貧弱なのと経験少ない彼らには危険と判断しピークは次の機会に。
風の避けれる場所まで戻り、カップラーメン食べて終了。


monbetsu20180421IMG_1203_R.jpg

monbetsu20180421 (1)

帰りに有珠善光寺に寄る。
BenとCaleには初めてのお寺を見学し楽しんでました。










テーマ 登山    ジャンル スポーツ


15
Category: 雪山   Tags: iphone  

紋別岳 ヒグマに遭遇   2018.04.14

monbetsu20180414 (2)_R

アメリカからの青年達が”一緒にハイキングしたい”とリクエストあり、彼らの装備でも行けそうな
紋別岳に行ってきました。


monbetsu2018041401_R.jpg

あまり出掛ける機会がないとの事で、この日を楽しみにしてたらしいです。


monbetsudake20180414.jpg

地形図の☆印の笹斜面に突如黒い塊が...
一瞬それが何なのか理解できず、”まさか熊じゃないよな”と自分の目を疑いました。
が、まぎれもなく羆でした(汗)
自分達から約30mくらい離れてました。
羆も我々に気付いてるのか、そうでないのか気にする様子もなく笹に顔を突っ込んでましたが
それから矢印の方向へ去っていきました。
まさか、紋別岳で羆に遭遇できるなんて夢にも思ってなかったのでとてもラッキーでした。
なかなか貴重な瞬間で、彼らも喜んでましたw


monbetsu20180414bear.jpg

立ち去ってるときに、同行者のBenが写しました。


monbetsu20180414_R.jpg

左からCale 19歳、Ben 20歳、Tarochan 45歳...

山頂でホットココアと大福もちを食べさせてあげると、美味しいと喜んでる。
大福もちも初めて食べて気に入ったらしいw


monbetsu20180414 (4)_R

”アメリカの両親にも、この景色をみせてあげたい”と写真を沢山写してるのが印象的だったな。




ヒグマ、羆、支笏湖、紋別岳 

テーマ 登山    ジャンル スポーツ


05
Category: 雪山   Tags: ---

インクラの滝 ~ 多峰古峰山   2018.03.24

shadai201803-7417.jpg

ご無沙汰しておりますw
オロフレonlyさんの復帰を待ってから自分もブログ再開するつもりでしたが、それまでもう暫く時間がかかりそうですのでお先に失礼致しまして...
3月24日のネタから再開いたしますので、どうぞ宜しくお願い致します。

今回はT君との企画で”社台から支笏湖へ”のテーマで地形図眺めて一番楽に歩けそうなルートを計画してみました。
インクラの滝を眺めてからスタートしました。


shadai201803-7422.jpg

当初の計画では南側の尾根から取り付くつもりだったが、途中で色気だして予定外の尾根に取り付いてみたものの崖地形に
阻まれ台地に乗れず、結局予定してた尾根に乗り台地に上がったw


shadai201803-7426.jpg

そして尾根に乗ると、何とも想定外な綺麗に刈られて立派な登山道になってました(汗)
何が目的で、こんな立派に手入れされてるのでしょうか??
そして既にダニの活動が活発で身の回りがダニだらけでテンションガタ落ちw


shadai201803-7429.jpg

地形図通りの社台台地と地割れのような深い沢。
どうしてこんな地形になったのでしょう?


shadai201803-7433.jpg

森も人工林で作業道が沢山伸びてます。


shadai201803-7430.jpg

面白い地形


shadai201803-7435.jpg

予定通りの作業道に入ると


shadai201803-7441.jpg

素足で歩かれてる方が居られるようでして...


shadai201803-7437.jpg

沢の方に向かってるのかな。


shadai201803-7442.jpg

林道歩きも退屈なので、沢を眺めながら歩く


shadai201803-7444-2.jpg

人工林や作業道歩くも結構退屈だ
無言で歩く(爆)


shadai201803-7446.jpg

ようやく支笏湖への抜け口となる多峰古峰山が見えてきた。
グッと元気になるw


shadai201803-7450.jpg

山からの眺めはやっぱり良いね!
本当に元気になるわw


shadai201803-7452.jpg

支笏湖ブルーが眩しいわ


shadai201803-7454.jpg

後は山を下るだけ


shadai201803-7456.jpg

この森を歩いてきたんだな
ってか、昔の人は凄いわ。当然GPSなんて持たずに森の中を歩いて行き来してたんだよな。
寝泊りする小屋も昔はあったらしいけど、それにしても自分なんかはとても貧弱だ。


shadai201803-7457.jpg

どうやらこの日、山頂標識を新しく取り付けられたらしい。


shadai20180324.jpg

6:35くらいから歩き始め、16:02下山完了。
距離は21.6km
一応、泊まりの装備も持ち歩いてましたが日帰りで終えることが出来ました。










テーマ 登山    ジャンル スポーツ



1
2
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom