Tarochan

風の吹くままに~ 下手な写真と感じた事を北海道から呟いてます。


14
Category: 雪山   Tags: 5D  EF24-105mm.F4L  

野塚岳  2013.04.13

nozukadake20130413-6179.jpg

残雪期に何としても行きたかった野塚岳に師匠と二人で行ってきました。

浦河のライダーハウスに前泊し、この建物は蛍光灯も点いてとっても快適に過ごすことが出来
有難く使わせて頂きました。


nozukadake20130413-6183.jpg

翌朝6時頃に野塚トンネルに到着し、出発準備完了。
天気予報通り、空は残念ながら曇り空でチラチラ雪も降ってて風が強いですw


nozukadake20130413-6186.jpg

6:30に出発。
トンネルの上から登る筈がトレースにつられてスノーブリッジを渡渉し
前進しそうになりましたが、すぐに戻り尾根に取り付きます。朝は雪が締まっていたのでスーシューで
問題なく尾根まで行けました。


nozukadake20130413-6187.jpg

尾根に乗ってからは雪が氷ついてるのでアイゼンに履き替えした。

そして1147mピーク目指して進みますが、フクラハギの筋肉が段々と張ってきます(泣)

普段はスノーシューしか履いてないので太ももの上げ下げの運動が殆どで終わるのですが
フクラハギの筋肉使うような急斜面ではヒールリフターを使い日頃は楽してるので、その反動がきましたねw


nozukadake20130413-6188.jpg

1147から太平洋側を望む
っちゅうか、まともに景色が見渡せるのはこの辺まででして、他は残念ながら雲の中...


nozukadake20130413-6196.jpg

晴れ間が差すと、やっぱり気持ち良いです。


nozukadake20130413-6201.jpg

緩んできてるような雪庇に極力近づかないようにしながら進みました。


nozukadake20130413-6210.jpg

1223ピーク手前
下界はフキノトウも咲いてて春らしい景色だったけど、山の上は樹氷も付いててまだ冬な感じ。


nozukadake20130413-6217.jpg

1223から野塚岳方向
風がメチャメチャ強いですw


nozukadake20130413-6218.jpg

野塚岳山頂...やっぱり見えましぇ~んw

ここからピーク目指して進むだけの筈だったのですが...

1240m付近で僅か5メートルくらいの距離をトラバースする際にアイゼンの爪ががうまく掛からず
体勢を立て直そうと手持ちのポールを突き刺そうしてもは雪面はガチガチの氷で刺さらないし、
肝心のピッケルはザックに取り付けたままで取り出せず二点支持状態で身動きが取れなくなってしまいました。

ここで落ちても下に木々があるので止まるだろうけど、しばらく足りない頭で考えて
何とかその場をクリアする事が出来ましたが、完全に自分の準備不足でした。
本来ならピッケルも、いつでも使える状態にしておけば何て事無い場所だったのに
それをしなかった事で事故になりかけてしまい反省しました。


nozukadake20130413-6225.jpg

山頂に到着しました。
展望は、これが限界ですw
残念ながら美しい峰々を目にする事は出来ませんでしたが、楽しみにしてた野塚岳に登頂出来だけでも
嬉しいです。 美しい眺望は、また次回に...


nozukadake20130413-6229.jpg

山頂付近にソリ持ってソロの男性が何か書き物してましたw
その只者ではない雰囲気、お話聞くとソリに乗って山を下るとの事...
(コレ乗って行くと最高ですよ!やめられないですよ♪)
単独で、この日高の山をソリに乗って帰るなんてコイツは達人に違いない(爆)

よくよくお話を聞くと”もっちゃん 日高山脈ありがとう”のもっちゃんでした♪

実は野塚岳行く前にネットで情報を調べる間に”もっちゃん 日高山脈ありがとう”も参考にさせて頂き
お若いのに日高山脈を歩き通して凄い方もいるもんだなと感心しながら観てました。
その御本人に逢えるなんて、何ともサプライズで嬉しかったです。


nozukadake20130413-6234.jpg

せっかくなので、記念写真はもっちゃんも一緒に
この日、もっちゃんは日高側の野塚トンネルから登られて来たそうです。


nozukadake20130413-6238.jpg

暫らく談笑の後、愛車のソリを背負って我々と反対側へ帰って行く笑顔のもっちゃん。


nozukadake20130413-6261.jpg

山頂でお逢いしたのはもっちゃんの他に、札幌でカメラマンをされてる方達二人組、足の速い単独男性だけでした。

山頂から1223ピーク中間のコルから撮影。
あれ、山頂が見えてるしw


nozukadake20130413-6267.jpg

1223ピーク付近の短い痩せ尾根から強風に耐えながら気合入れて撮影したトヨニ岳
って、やっぱり最後まで山頂は見えませんでした。


nozukadake20130413-6265.jpg

名残惜しく振り返る。


nozukadake20130413-6286.jpg

帰り路、天馬街道の駐車場から見えた野塚岳。
初めての日高は僕に色々教えてくれました。

1.まず、こっちの山は基本的に斜度がキツイ(爆)

2.尾根歩きだけだと勝手に決めつけてた為ピッケルはザックに仕舞ったまま
 結果的にイザという時に使えなかった(猛省)

3.冬期の樽前山でのアイゼン歩行、滑落停止訓練、烈風体験はとても有効だ。

4.スノーシューのヒールリフターは今後使用しない(多分)
 ふくらはぎの筋肉を鍛えん事にはアイゼン使った長時間歩行の山々は歩けません(泣)


2月の徳舜瞥山と4月の野塚岳は何としても行ってみたかった山だったので
今回は登頂出来ただけで、とっても嬉しいです。
また、この広い日高山脈で”もっちゃん”ご本人にもお逢いできた事も嬉しかったです。

これから少しずつ日高に通って山歩き上手になりたいな。
ん~、とても楽しかった。有難う御座いました。



GPSトラックです。(クリックで拡大します)

nodsuka2013.jpg

nodsukaaa2013.jpg

noduka3D.jpg














スポンサーサイト

テーマ アウトドア    ジャンル 趣味・実用



 

Comments

Edit一寸残念でしたね。
ライダーハウスに泊まったとは意外でした。

野塚岳、眺望が得られず一寸残念でしたね。
でも、日高山脈のヒダの素晴らしさの一端に触れたのではないでしょうか。
もっちゃんにお会いしたことはありませんが、HYMLのganさんやくりさんなどよく知る名前の人達と懇意にしている様ですね。また、大変家族思いの男性に見受けられ、素晴らしいことです。
息子さん3人はtarochaさんとは正反対ですね。

山での出会いは楽しく嬉しいものですね。
Editおめでとうございます!
野塚岳初登頂おめでとうございます!

天気は残念でしたがやはり日高はいいですね、あこがれです

現在私は二軍落ちで復帰を目指しているところです
いつか日高、ご一緒できればうれしいですね。

EditRe: 一寸残念でしたね。
tarumae-yamaさん、こんばんは♪

とても快適でしたよライダーハウス♪
シュラフ持参で快適に過ごせましたし、灯りも点いてホテルなみでした(爆)

そうですね、眺望は次回にお預けとして日高の雰囲気は楽しめました。
もっちゃんには驚きました。山頂でバッタリ出会うとは夢にも思ってませんでしたので。
tarumae-yamaさんともそうですが、山々での出会いに感謝です。

次は是非、ご一緒に日高方面お願い致します。


EditRe: おめでとうございます!
H原さん、ご無沙汰しております♪

そうですね、山頂からは真白で何も見えませんでしたが
雰囲気だけは楽しめました♪

はい!
H原さんからのお誘いとあらば、いつでもお待ちしておりますので
是非ともお供させて下さいね。

日高ツアーへ向けて、この機会に十分ご静養なさってください。



Edit野塚岳
こんにちは、ご無沙汰しております。
野塚岳に登ったのですね。日高山脈は切り立った稜線ばかりで壮観な景色ですね。危険もあるでしょうが登ってみたいという衝動にかられますね。
一度だけ天馬街道は冬に通ったことがあり、切り立った野塚岳も写真に収めたことがあります。その頃はそこに登ろうとは夢にも思いませんでした。何せとがってますし人が登れるようには見えませでした。
来シーズンには私も射程範囲と考えられるよう準備をしたいと考えています。
お疲れ様でした。
EditRe: 野塚岳
positive51さん、こんばんは♪

やっぱり、こっちは良いですね~♪(爆)
tarumae-yamaさんのトヨニ岳の記事を拝見し、あそこは無理としても
あんな雰囲気を感じてみたいと思い、春の目標としてました。
来年の春はオムシャまで縦走してみたいなと企んでますが、どうなる事かw

来年の1月・2月は再度、樽前山で鍛えようと思ってます。
あそこもコケると止まりそうな雰囲気しないですし、得意の烈風も日高に負けないくらいだと
思ってますので今から楽しみです(笑)

日高、とっても魅力的ですね。
山の名前とか未だにサッパリ分かってませんが、定期的に通ってみたいです。

positive51さんなら、間違いなく来年は野塚岳行ってる事でしょう♪
楽しみですね!!


Leave a Comment








2
3
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom