Tarochan

風の吹くままに~ 下手な写真と感じた事を北海道から呟いてます。


31
Category: メモ   Tags: ---

ツェルトビバーク訓練  紋別岳 2013.08.30~31

30日の夜から31日の明け方にかけては晴れ。
31日は曇り後雨。

これは久々にビバーク訓練しかないな!
発作的にやりたくなって行ってきました紋別岳。
ってか、やっぱり暗闇の登山道は想像力が膨らむな...

途中、体のデカそうな獣がバキバキッ!と木々をなぎ倒しながら自分から遠ざかって行く。
しかし、なかには遠ざかってるより逆に俺の方に向って来てるんじゃね!?みたいな錯覚に陥ることも(汗)
また途中、霧雨が降る夜道ではヘッドランプの光が乱反射し遠くが見えないってのも想像力を豊かにする要因だった。


そんな事で1時間弱で山頂に到着し、空には満点の星空。
うわー!すっごく綺麗♪
早速、三脚を準備して星空撮影準備完了しカメラのスイッチ入れると”CFカードがありません”の文字が...

んが~!...  広角レンズとレリーズも準備して持ってきたのに...  

何だか本当に遭難した気分になりました(泣)


それから間もなく山頂も霧に包まれてきたので、急いでビバーク準備に入りましたw
前回はツェルトを体に巻き付けて使用したのですが、今回のテーマはトレッキングポールで吊るし”三角テント状態で過ごしてみよう♪”です。

monbetsu20130830_0087.jpg

とりあえず設置完了! 
風でバタバタ揺れてますが、中に入っちゃえば大丈夫そうだ。

すると突然ピピッ! ピッピ!と鹿の鳴き声が数メートル先で聞こえますw
何でこんな所に近づいてくるんだよ...
思わず熊鈴をチリリリリ~ン♪とレストランのウェイターを呼ぶよに鳴らしますが全然逃げない...

”はい、ご注文はお決まりでしょうか?”と言ってるのか知らんけどピッピ!と鳴いて返事してくるし(汗)

何だか家族探してるような寂しそうな鳴き声の鹿さんには気の毒だけど、師匠譲りの雄叫び上げて
この場から離れて行ってもらいました。 まさか、こんな夜の山中で奇声発する事になるとは思わんかった。

ようやく静かにりツェルトに潜り込むとなかなか快適だ
室内で荷物広げて年中常備のインナーダウンとニット帽と着けて就寝準備完了。
どうせ夜中になったら寒くて寝れなくなるだろうから、今のうちに寝ましょう...
今回も日常携行品でのビバーク訓練なので寝袋無し、但しマットだけは特別許可しましたw

ん~寒い、しかも色んな物音してサッパリ寝れね~っす(汗)
室内にベンチレーション部からガンガン風も入ってくるので閉じて風を防ぎます。
すると今度は結露が酷くなり、室内が水滴だらけに...

時計は2時、つま先から寒くて辛いのでレインウェア上下を取り出し着用しました。
すると保温力が増し4時まで熟睡出来ました。
何だよ、今回は意外と快適に寝れたしw 

昨年の体にツェルトを巻き付けるよりも、テント型にした方が室内の温度も安定した居住空間を確保
出来るのかも知れんな。また来年テストしてみようっと。

しかし4時だってのに全然明るくないな...
外に出てみると辺り一面霧で真っ白w

monbetsu20130831_0077.jpg

樽前山と風不死岳が顔を出してた、なかなか幻想的で綺麗だわ。

霧で体もツェルトもどんどん濡れてくるので早々に撤収する事に。
当初は早ゆでペンネとミートソースの朝食でも摂ってのんびり帰ろうかなと思ってたけど
そんな余裕ないのでエナジーバー2本食べでパッキング完了。

ん~、ちと疲れたけど今回もやっておいて良かったわ。

さて来年は、どの山で訓練するかな~





ガラケイからの映像です。



スポンサーサイト

テーマ 登山    ジャンル スポーツ



 

Comments

Editビバーク訓練
こんにちは、ビバーク訓練いいですね。
私も8月中に紋別岳か恵庭岳でテン泊をしようと考えていたのですが天候や予定がかみ合わずに実行できませんでした。もう9月ですし山の上はかなり冷え込みようになってきたでしょうね。満天の星空も堪能できたようですがカードがないというのはかなり残念でしたね。是非写真を見てみたかったです。

それにしても8月は以上に雷雨が多かったですね。私は3週間山に登っていません。かなりストレスがたまっております。
EditRe: ビバーク訓練
positive51さん、こんにちは♪

メモリーカードはヤッちまいましたw
スイッチ入れてメッセージ出た時には倒れそうになりましたし(苦笑)

本当8月は全然駄目でしたね、お盆から毎日の様に雷雲が出てますし雨量も半端じゃないですもんね。
9月は安定してもらう事を願いつつ。

それこそ自分もなかなか遠出が出来ないので、天気の良さそうに寝袋持って徳舜瞥でも登って
星空と御来光楽しみたいな企んでますが、なかなか実行出来ませんw
恵庭岳のテント泊も楽しそうですね、湖面と星空のコラボとか想像しただけで楽しくなりますね♪

Leave a Comment








1
2
3
4
6
7
8
9
10
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom