Tarochan

風の吹くままに~ 下手な写真と感じた事を北海道から呟いてます。


10
Category: 雪山   Tags: 5DmarkⅢ  EF24-105mm.F4L  スノーシュー  

楽古岳  2017.03.04~05

IMG_2277_R.jpg

minakayakさん企画の楽古岳に登ってきました。
初日は楽古山荘までの林道歩き。
久々の大型ザック背負っての歩きですw


rakko20170305-2268.jpg

駐車地点スタートから2時間くらいで到着、宿泊準備し貸切山荘でマッタリ


rakko20170305-2269.jpg

夜が長いので食べたり、呑む人、お喋りしたりしながら過ごす。
写真は赤ランプの効果を試してるの図
この間、外は暴風で登山無理そうな感じ。このまま強風続くようなら楽古岳からアポイ岳に転進、または
アポイ山荘で風呂だけ入って帰宅するか等本気で考えましたしw







rakko20170305-2275.jpg

3時過ぎ、起こされて外を見ると風が止み満天の星空にビックリ


rakko20170305-2276.jpg

そして5時過ぎに予定通り、出発。
ルートは3つ程計画してみたが、取り付き部に雪が無かったりしたので結局夏道ルートで進む事に決まる。


rakko20170305-2280.jpg

心配してた渡渉はスノーブリッジが発達してたので、想像してたよりも容易に進むことが出来ました。


rakko20170305-2287.jpg

尾根までの取り付きもダイレクトに進むので、夏より早く乗れました。


rakko20170305-2305.jpg

最中雪バリズボ状態で疲弊するので尾根に乗ってからはアイゼンからスノーシューに換装。


rakko20170305-2311.jpg

高度を上げるにつれ、周りの山々も見えてきた


rakko20170305-2321.jpg

奥にピンネシリが綺麗


rakko20170305-2325.jpg

雪庇がデカい


rakko20170305-2336.jpg

Co.1300まで我慢の登りから、それを超えると一気に山頂が目に飛び込んでくる。
安全の為、ここでスノーシューからアイゼンに換装しラッセル祭りの開始。


rakko20170305-2331.jpg

深いところは腰まで一気に沈みこみ、もがきながら山頂を目指す


rakko20170305-2339.jpg

先頭交代しながら


rakko20170305-2342.jpg

もう少し


rakko20170305-2346.jpg

スタートから約5時間で山頂へ。


rakko20170305-2348.jpg

山頂は強風ながら視界は良好


rakko20170305-2350.jpg


rakko20170305-2354.jpg


rakko20170305-2364-2.jpg


rakko20170305-2356.jpg

今回もメンバー全員の力で山頂に立たせてもらいました。
本当に、お世話になり有難う御座いました。
一人じゃ心折れそうになりますが、皆に励まされながら山頂に立てた気分です。


rakko20170305-2359.jpg

3月に入り残雪期一発目のminakayakさんの企画に感謝です。
これで今シーズンの尾根歩き終了してもいいかな(爆)
駐車地点までの林道歩きが長いこと、心折れそうになりましたしw


GPSトラックです
rakko2017truck_R.jpg






2017年5月20日、エレカシ札幌













スポンサーサイト

テーマ 登山    ジャンル スポーツ



 

Comments

Edit感動しました
山いっぱいですね!
十勝岳方面の景色が最高に綺麗ですね。
EditRe: 感動しました
ラッコさん、コメント有難う御座います♪

そうですね、綺麗ですね。
ココ最近は自分一人で楽しむよりも、信頼する仲間と共に喜びや諸々の感情を共有出来る事に
幸せを感じてました。この先も同じ様に出来ればと願っております。
これからは毎週末、オロフレ山に通うことになりそうです。

Leave a Comment








1
2
3
4
6
7
8
9
10
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom