Tarochan

風の吹くままに~ 下手な写真と感じた事を北海道から呟いてます。


29
Category: 夏山   Tags: 樽前山  EF24-105mm.F4L  5D  

樽前山・風不死岳・支笏湖 ピストン  2012/07/28

tarumae20120728 (1)

今日は一人で樽前山
風不死岳を下り、そのまま支笏湖まで行ってみようかな~♪ みたいな感じで行ってみますw

登山口付近に咲いてたノリウツギ


tarumae20120728 (2)

ゾウさんみたいな花も咲いてたよ。


tarumae20120728 (3)

ご覧の通り、上は雲が被ってますw
5:20から登り初めたのですが上から若い女性と男性2組くらい下りてきました。
早いですねと声を掛けると御来光を待ってたとのこと。 

tarumae20120728 (4)

分岐より東山方向ですが、案の定何も見えません...
ってか、硫黄ガスの臭いが強烈で風もメチャ強いです(汗)
強風でよろめきながら稜線を歩きます。

tarumae20120728 (5)

東山ピークから風不死岳方向に歩いてる途中からようやく雲がとれてきました。


tarumae20120728 (6)

溶岩ドームが姿を現しました。
もの凄い速さで雲が流れ、まるで魔物の牙城が姿を現したようなダークな感じでワクワクします♪

tarumae20120728 (8)

東山ピーク方向。
雲の流れと共に風を感じ、晴天時とは違う神秘さを感じました。


tarumae20120728 (9)

風不死岳方向もご覧の通り、雲の中ですねw
雨も降ってそうだな...
今日の天気は曇り後晴れの予報なので、とりあえず行ける所まで行ってみます。


tarumae20120728 (10)

風不死岳入口手前はジャングルの様で一気に自分のテンションがあがります(爆)


tarumae20120728 (11)

鎖場。
登りかけ後ろを振り返ると花が咲いてたので、思わず下りちゃいました(汗)

tarumae20120728 (12)

よし、写真も撮ったし登るかw
ここから先は雨が降り出し、ガスの中でただ歩くだけ...
上からオジサンが下りてきました。頂上はサッパリ見えんわ!気を付けてと挨拶し進みます。

tarumae20120728 (13)

最初の偽ピーク辺りから花が沢山咲いており、退屈な歩きも一気に楽しくなります。

tarumae20120728 (14)

tarumae20120728 (15)

tarumae20120728 (16)

花を撮りながら歩いてると風不死岳頂上に着きました。
頂上には男性一人だけで、北尾根コースを指差して樽前山はこっちですか?と聞いてきたので
素直に違いますと答えましたw 先週も遭遇したのですが、意外と方向分からないで歩いてる方達も多いなと
感じました(汗)  

ここでおにぎり1個食べて支笏湖まで進みます。

tarumae20120728 (17)

ってか、北尾根コースは傾斜がキツイな...
大学生風の4人くらいパーティーとすれ違い下りる途中でズッコケました。
この先の事を考えると確実にまた転びそうなので、ストック出してゆっくり下ります。
これ登り返すのかと思うと、ちとテンション下がりますがここまで来たら勢い大事だな(爆)

と、足元には久々のベニバナイチヤクソウかな??

tarumae20120728(18.jpg

なかなか下りも長いわw 途中から段々と晴れてきた。

tarumae20120728 (18)

下山途中、登ってくる単独のオジサンと挨拶しその後オジサン2名、お姉さん5人くらいのパーティーとすれ違います。

tarumae20120728 (19)

登山道入口から10分くらいで支笏湖に到着しました。


tarumae20120728 (20)

今日は此処で恵庭岳を眺めながらコープヌードルw
ここまた静かな場所でプライベートビーチならぬプライベートレイクかw

tarumae20120728 (21)

のんびり30分くらい休憩し、風不死岳へ戻りますw
天気も晴れアスファルトの照り返しがメチャメチャ暑いです。

tarumae20120728 (22)

此処からが本当にキツかったなw
ってのも時間は11:20くらいで陽射しが頭上から照りつけと、自分が発する熱で体温が異常に上昇してるのが
分かります。体力もバテないようにゆっくり歩くのですが、熱はどんどん蓄積されオーバーヒートしそうな
感じです。日陰をみつけますが無風の為にさほど体温も下がらず、だましだましゆっくり登ってきます。

tarumae20120728 (23)

目標は7合目辺りで休憩と思ってのですが、どうにもならなく6~7合目の良い日陰を見つけ
15分くらい休憩し、しっかり体を冷やしました。
これでようやく体力が蘇ってきました(爆)ってか、ここまで来るのがやたらと長く感じましたわw
此処から先は良い風も吹いてきて、順調に進んで行きます。 頂上付近で先程すれ違ったオジサン2人
お姉さん5人くらいのパーティーとすれ違い、”なんだこの人、登り返してきた”みたいな驚いた顔してました。


tarumae20120728 (24)

最後のロープ場を乗り越え戻って来たぞ風不死岳♪
ってか、ここも陽射し強くて長居したくないけど5分くらい休憩しましたw
誰も居ない静かな頂上でボケーっと安堵感に浸りながら...

tarumae20120728 (25)

後は怪我しないようにのんびり下りるだけw
涼しい風に吹かれながら気持ち良いわ♪

今回をふり返ると一番辛かったのは無風状態の直射で熱が溜まり、体から抜けない事でした。
要は、この時期の真っ昼間には行動はしないって事で納得しました(爆)
とっても勉強になりましたわ、マジでw
普段は近場の低山ばかりで午前中には帰ってこれる所ばかりなので心配ないか(汗)
 

樽前20120728 トラック

GPSトラックです (クリックで拡大します)

樽前山20120728 地図





EOS-5D + EF24-105mm F4L IS USM







スポンサーサイト



 

Comments

Edit
山登りは苦手だけど…
山登り気分が味わえたわ~
ありがと~♪

北海道もすっかり夏の景色になりましたね~(*^_^*)
可憐なお花がいっぱい♪
支笏湖の美しいこと~
泳げるのかし?
Edit
支笏湖は危ないですw

確か水深も国内2位でして、関係あるのか知りませんが
ウチの親父も若いころ体が沈み溺れかけたと言ってました(汗)

ボートで浮かんでるのが良いかも知れませんね♪
Edit支笏湖は死骨湖
私は苫小牧で育った人間です。
支笏湖は危険です。 ボートで遊ぶ程度でしょう。 ボート乗り場から離れた湖畔に近づくと湖底に枯れ木が横たわっているのが見えますが不気味です。 透明度が高いのであたかもそこに吸い込まれていきそうな感じがします。
終戦直後進駐軍が休日に、以前に山林鉄道が走っていたあの鉄橋の上から湖面に飛び降りて遊んでいたものです。
その光景が懐かしく思い出されます。
EditRe: 支笏湖は死骨湖
太郎さん、コメント有難う御座います♪

以前、支笏湖に遊びに行った際に古びた看板に”死骨湖”と書いてあるものを目にした事がありました。
確かに湖底の流木のような木々は気持ち悪いですね。

進駐軍ですか、当時は北海道も戦争被害が大きかったようですね。
室蘭に住んでた祖父から空襲やら艦砲射撃の話を聞かされた事を思い出しました。

Leave a Comment








1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
27
28
29
30

top bottom